2011年3月 2日

アラブの動きは中国に伝染するか?

今朝の新聞を見ていたら丹羽中国駐在大使の発言として、
`中国では、ジャスミン革命は決しておこらない。‘が紹介
されていた。
`起こらないのではないか‘と言うようなやわらかい表現ではない。
果たしてそうだろうか?

中国の歴史を振り返ってみると、22,3年後とに大きな動きがある。

この前の大きな動きは1989年6月の天安門事件、その前は
1966,7年の文化大革命、その前の1944,5年ごろは1949年の
中華人民共和国設立にむけての武力展開のまっただなか、であった。
そしていま、天安門事件から22年目である。
天安門事件のときにはまだインタネットはなかった。それでもあれだけの
多くの人が動いた。
最近の運動で気がつくのは一党独裁から多党化への要求である。

中国の22,3年という動きのサイクルが気になる。

2011年4月20日

NHKよ、なぜ安易に増税のシナリオの尻馬に乗るのか?

先日、NHKのテレビを見ていたら`調査によりますと増税に賛成が30数%ありました。‘などと涼しげな顔をしてアナウンサーが話していた。
つい先日、前会長の約束であった視聴料の10%削減を震災を口実に撤回するというような発言に追いかけるように、である。
増税支援の意見があるのだから、視聴料削減の撤廃もよかろう、という魂胆が見え見えである。この際我々は政府の一部の増税願望者の尻馬にのるNHKを国民の視聴料で運営されている放送として支持する必要があるのだろうか?

増税に関する議論、調査は国債残高の大きさによる脅迫との抱き合わせであり、しかも、対案の提示なしに賛成か反対かを聞く誘導尋問方式とも言える調査である。
ここまでくると、決して好きな政治家ではないが、亀井静香の提案している災害復興目的国債を発行しその国債には相続税に関する優遇制度を与えることによって相続税に敏感な金持ちに国債を買わせよう、という案に大賛成である。特別な国債だから償還期限を長く設定し、その国債に関しては相続税減税を適用する代わりに国債は無利子とする案である。
平常の歳出不足の補填に国債を発行するよりはこのようなときにこそ目的を明確にした国債を発行することは国民の理解が十分得られるはずである。

多分、900兆円もある国債残高はどうするのだ?ポルトガルのように国家がデフォルトになったらどうするのか?と言う疑問があるだろう。しかも最近流行のジャックアタリの本を読んだ人はとくにそう思うだろう。しかし、彼の日本に関する指摘には重要な点が少なくとも二つ抜けていることを知る必要がある。ひとつはよく指摘されている国債の95%は日本国で消化されているということと、もうひとつは事実確認が必要だが日銀は100兆円に及ぶ米国国債を保有していて、しかもさおの大半はNY連銀の地下の倉庫にあるといううわさである。多分、G20の参加メンバーはこのことを踏まえて先日のような日本経済に対する評価をくだしたのであろう。
日本の国債残高がもし深刻であれば先日のG20のような日本には十分回復力がある、と言うような判断は示されないだろう。むしろつみあがる国債残高にくわえて災害による資産のロスで日本の経済はきわめて危機的になる、と言う判断がしめされるはずである。
ここに、国債残高を脅迫の手段につかうところと日本経済は十分復旧の力がある、という判断の間に矛盾があるのだが、知っていてそれを会えて切り離して扱おうと言う姿勢、あるいはその点に気がつかないのは不思議ではないか?

2011年5月24日

千年に一度のことなのに、、、

震災以来、その社会的対応を見ていてどうもすっきり収まらない
ことがいくつかあった。
なぜ、納得できないのか、すっきり理解できないのか、常に考えて
いたわけではないが数日前にちょっとひらめいた。

今回の震災は千年に一度起きるか起きないかといったことである。
まず、それを平常時の社会の運営を前提としてつくられた現行の
法律で処理できる、とおもっているのだろうか?
いろんなところで、法的には、、、という出来ないことに対しての理由
が出てくる。そもそもこのような状況下で現行の法律を前提に
法的には、、、という話が通用すると思っているところがおかしい。
立法府がある。法律をつくるところである。官僚がいる。法律案を
作成するのが大きな仕事である。
いまこそ法案つくりの日ごろの腕を発揮してほしい。

復興国債の話もしかり、である。
子供の代まで負担を残したくない、など経常収支を補うための国債
発行と同じ次元でしか見ていない発言がある。
千年に一度のことの対応が数年でできると考えている。
千年に一度のことで必要になる国債なら千年国債とは言わずとも
百年国債が発行されてもよいのではないか。

多額の国債発行はインフレを招かないか、という懸念も中央銀行の
偉い人は思っているらしい。
しかし、現実をみると何十兆円かの試算が失われたわけである。
バランスシートががっくり傾いている状態だろう。
そのバランスを戻すために資金注入をすることがインフレを招くの
だろうか?
ここでも非常時発想がなされていない。

結局、なんとなく変だ、と思っている根本は非常時なのに平常時
の発想で考え行動していることではないだろうか。
もちろん、ごく一部の人たちだろうがそれがイニシアティブを持って
いる人たちがそうなのだから始末が悪い。よく言われる危機感が
足りない、というのはそういうことなのだろう。

2011年11月16日

円高ー通貨は商品では?

円高を議論するとき、為替市場におけるドルと円との交換レートに関して
その変動について議論されている。
そもそも、円高のわかりにくさは高くなるというのにその数字は少なくなる
ところである。

先日、テレビで国会議員が二人出てきて、司会者が円高について質問
したときそのうちの一人がとてもわかりやすい説明をした。
その議員いわく、‘リーマンショック前には日本は1万円札を10枚、US
は100ドル札を10枚もっていた。そのときは1ドル100円だった。
ところが、リーマンショック後USは手持ちのドルの枚数をふけし続けて
今では15枚もっていて日本は相変わらず1万円札が10枚。リーマン
ショックの前と両国が同じバランスだとしたら100ドル札1枚は7500円
になっている、と言うのが現状。それを解消するには1万円札を5枚
増やせばよい‘。
そこで司会者はもう一人の日銀出身の議員に聞いた。
その議員は‘いわゆる量的緩和ですね。‘
せっかく一方の議員が判りやすく話しているところを金融専門語に置き換え
結局話が途切れてしまった。
専門家が権益を守るひとつの方法に「その分野専門の専門用語を駆使
して聞いている人の理解をしにくくする、と言う手がある。
まさにこれである。

さて、通貨を普通の商品と思うとどう見えるか、つまり円を商品と
してみたら少しはわかりやすくなりはしないか?

というわけで、回を分けて商品としての円について考えてみる。
目的はそれによって少しでもわかりやすくならないか、ということである。

2011年12月 1日

大学教育と就職

今日から就職活動の会社訪問など、解禁だそうである。
以前のブログで書いたように、企業は積極性があり、コミュニケーション
が出来て、チームのメンバーの一人としてチームワーク良く仕事の
できそうは応募者を選ぼうとする。
受験する学生は、企業の求めている人物像をおもんばかってか、自分が
いかに積極的でコミュニケーションがうまく、チームワークに優れている
かを経歴書に書き、面接となればそれを強調する。
ただし、それらをどこで身に付けたかというと、大学の講義を通じて、と
答えたり書いたりする応募者は無く、おおよそすべての応募者はサークル活動
の委員の経験からリーダーシップを身につけ、バイトから仕事に対する積極性
とチームワークを学び、海外旅行からコミュニケーションの重要性を学んだ、
と言う。
そこで、企業側は採用!となるのだが、そこには大学を卒業した応募者を
採用するのにも関わらず、大学の講義から学んだことはほとんどなく、あると
すればその大学の名前だけである。

どうもこの辺りがすっきりしないので、偶然見つけた`学問の進め`の現代語訳
を見てみた。すると最初の数ページにその答えが書かれていた。いくつかのフレーズを適当に抜粋する。

福沢諭吉著、斉藤孝訳 現代語訳 `学問のすすめ`(ちくま新書)

人は学ばなければ智にならない。智のないものは愚かな人である。

世の中には難しい仕事もあるし、簡単な仕事もある。難しい仕事をする人を地位
の重い人といい、簡単な仕事をする人を地位の軽い人という。
おおよそ心を働かせてする仕事は難しく、手足を使う仕事は簡単である。

天は高貴を人にあたえるのではなく、人の働きにあたえるのである。

学問とは、ただ難しい字を知ってわかりにくい昔の文章を読み、また和歌を楽しみ
詩を作る、と言ったような世の中での実用性の無い学問を言っているのではない。

一生懸命やるべきは普通の生活に役立つ実学である。

以上、`学問のすすめ`の最初のところの抜粋であるが、これが正しいとするなら
大学ではサークル活動とバイトと海外旅行を必須とし、今提供しているほとんどの
講座を選択科目としてみてはどうだろう?
あるいはコミュニケーション、チームワーク、リーダーシップを養成する科目を
必須科目として入学初期のカリキュラムに整備すべきではなかろうか。
もし、大学にそのようなカリキュラムがまだ整備される段階に至っていないとすれば
大学外でもよい、体系的にこれらを養成する仕組みがあれば、現状に見られる求人側と求職側のミスマッチが改善されるはずである。
理想的には義務教育の範囲内でこのようなコミュニケーション能力、チームワーク、リーダーシップの養成がなされることだろう。

2011年12月15日

政府日銀とは反対のクルーグマンの意見

円高はちっとも是正されない。企業は日本から脱出を始めている。
たとえば、日産がメキシコでの生産を大幅に増やすように、、、、
デフレで景気が回復していないのに、消費税を上げようとする。
自分ひとりが本当のことがわかっている、とばかりに振る舞い、
国内では論理的説明の全く出来ないだれかがいる。

どうも可笑しい、と思いしばらく前に読んだポール クルーグマン
の‘世界大不況からの脱出‘という本を読み直しはじめた。
ポール クルーグマンは2008年にノーベル経済学賞を受賞
した経済学者である。

以下、その本の中の抜粋である。

ポール クルーグマンいわく:

積極的な通貨拡大策(つまり日銀がお札をもっと印刷すること)を
とるべきである。

日本は1997年、財政の健全性を確保すべし、という主張により
当時の橋本首相は消費税率を引き上げた。景気はあっという間に
後退した。その対策のため財政出動をして、財政赤字はさらに
拡大した。

1990年当時の日本のバブルは自然に破裂したわけではなかった。
日銀は過剰な投機を心配し、刑期のガス抜きをするため金利を徐々に
あげた。1991年になると地価と株価が下落はじめその数年後には
ピーク時の60%にまで落ちた。バブルの崩壊は経済を健全にした
野ではなく、結果的により深刻にしてしまった。

などなど、、、、

結論的にはクルーグマンの意見は緩やかなインフレ誘導をおこなう
べき、とのことである。

多分、政府日銀はこの意見に反対だから今の行動をとっているのだろう。

今後どうなるか、このようなノーベル賞学者の意見も頭に入れて
、我々にできることは事態の動きを見守るしかないのだろう。

今の日本の施策に疑問を持っている人にはぜひお勧めしたい
クルーグマンの一冊である。

2012年2月10日

幸せな老後のためには英語の習得を、

学生の頃には英語は受験のためあるいは就職のために勉強し、
就職したあとは仕事のために勉強してきたのがほとんどでは
ないだろうか。
もう英語から解き放たれる、とおもう年頃になって、実はこれからの
老後を幸せに暮らすには英語がその選択肢を広げてくれることに
気がつく。

税と社会保険の一体化、、、が進もうとしている。
これって、基礎年金部分の年金積み立てを税金に変えようというわけ
なのだろう。年金はある年齢にまで来ると積み立ては終わり、給付を受ける
側になる。それが年金というものである。ところが年金支給の財源を税、
とくに消費税で対応するという事は生きていて消費する限りいつまでも
税金というかたちで年金積み立てをおこなう、ということになる。
つまりは、いろんな変化はあるだろうがそのひとつとして年金積み立てを
税金にする事により、年金をもらう年になった人も一生年金積み立てをする
ということと同義ではないか?
なるほど、そんなわけか!一生、生きている限り年金積み立てをするのか!

さて、周りはもうほとんどが年金をもらえる年齢に達している。
その人たちのかなりの人が半ば本気で海外移住を考えている。
一番の理由は海外の方が生活のコストが安いからであり、さらには今の
タイミングでは恐るべき円高のなかで、海外に行けばその円高メリットが
活かされるからである。
おまけに、日本国内で消費しないので消費税で一生年金をつみたてさせられる
という事からも離れる事ができる。
そんないい事ずくめではないとおもうが、これはかなり企業が日本から出て行こうと
していることに似ている。
そこでどこが良いか移住先を探すのだが、当然暖かくて、食べ物に不自由がなくて、、
となると南アジアに目がいく。さらに、医療とか福祉とかサービスの質も気になる
のでそのような条件を頭において探すと浮かび上がってくるのは英連邦に所属する
国である。
社会の仕組み、サービスなどが英国の基準、水準を取り入れているからである。
さらに、これらの国では英語が通じる!
つまりは、これらの英連邦に属するアジアの国に移住して快適に暮らすには英語
のスキルがあるととても都合がよい。
これからは受験英語ではなく移住英語を学ぼう。

2012年3月16日

アテネの一市民だったら、、、

ギリシャの財政破綻の話はもう数ヶ月になるだろうか?
ようやく治まりそうな気配だがその議論はマクロ経済の世界だから
大所高所の話なのでどうも判りにくい。自分自身の理解力の問題
かもしれないが、、、
そこで、アテネの一人の市民としてみたらどうみえるか、妄想して
みた。
まず、その市民は昔からのアテネ市民の末裔でギリシャが西の
世界に入ったりあるいは東の世界に入ったり、東西文化の間を
行き来してきた歴史を体感している一人である。
ギリシャの羽田悪人の4人に一人は公務員といわれるがこの市民
は公務員ではない。また、税金逃れの象徴として有名な医者でもない。
アテネの市街地で一軒の店を構える小売商である。

この市民にとってそもそも国債の価格が下落するなんて話はピンと
来ない。ほどほどの金は持っているが自分の国の国債など危なくて
手は出せない。そもそも国債は外国の金持ちがその高利回りに
惑わされていたり、思惑をもった金融機関が買っている代物で
自分達、庶民には関係ないのである。
だから、国債が紙くずになる、とさわがれてもそれがなんだ?‘と
いう感じで、ギリシャを食い物にしようとした外国の連中がちょっとだけ
損をするだけではないか、と思っている。
しかも、実はその外国の連中はギリシャ政府に国債を発行させ、それを
自分達に売らせた金で自分達の国の商品、代表的なのは戦闘機、など
買わせているので、もうその時点で十分儲けていることぐらい、ちょっと
した市民なら知っているはなしである。
だから、ギリシャ国債を紙くずにしたくないのはギリシャ人ではなく、
外国、とくにヨーロッパの中の大国の連中であることは知っている。
彼らが勝手に買った国債、しかもその金で自分達の国のものを買わせた
連中が買った国債が紙くずになろうとも市民には関係ないのである。
逆に、国債が紙くずになると国の財政が破綻するから金を貸してやる、
金を貸すからには担保が必要だから財政を緊縮しろ、、、これは
我々市民にとってはとんだ迷惑だ。。。。

2012年3月26日

なぜ財務省は消費税増税に執着するか。

消費税増税はまだしばらくホットな話題だろう。
ここで、なぜ民主党野田政権は消費税増税に執着するのだろうか?
見えているのは野田総理一人だけの顔だが、実はこれは二人羽織だと
思えばいろんな事が推測できる。
そもそも、選挙のときの最大公約として掲げていた事をっさっさと取り下げ
真反対の政策を実施しようとする事が政治不信を拡大する事くらい自明
の理である。消費税増税に反対しているひとは増税に反対しているだけでなく
この民主党の公約を反古にする政治姿勢に対して警告しているのである。
それでは、二人羽織の後ろにいる財務省はなぜ民主党の命脈を絶ってまで
消費税増税を行いたいのか?
理由は極めて簡単に思える。
まず、
消費税はこれからも増税されるのだ、という免疫性を確保しておくことである。
ヨーロッパの各国を見れば25%くらいまでは増税できるからである。
いま、10%までの増税議論の中ですでに17%という数字が出ているのは
この免疫性確保のためだと言ってよいだろう。
次に国民に消費税増税に関する選択肢を無くさせる事にある。
自民党は以前から消費税増税は必要、と言って来ている。
民主党は前回の選挙で消費税は増税しないと公約していた。
ここに、国民の選択があった。
ところが、今回この民主党に消費税増税を実現させるともはや国民には消費税増税
に関しての選択の余地はなくなる。つまり、財務省にとっては政権がだれであろう
ともいつでも好きなときに適当な理由をつけて消費税増税が出来る事になる
のである。だから、これは是が非とも通さなければならない案件なのである。
もちろん、財務省にとっては消費税増税の結果、次の選挙で民主党が負けても
それは彼らに取っては何の問題もない。次の政権与党は消費税増税路線であろうし
そうでない場合はまた民主党に対して行っている様に踏み絵を踏ませればよい
だけのことだからである。
ここで最も重要な事は消費税増税の是非以上に国民にとっての選択肢が一官僚組織
によってその都合で奪われることである。
選択肢の亡くなった民主主義はもはや民主主義とはいえなくなってしまうとおもうが
どうか?

2012年5月11日

疑わしきは罰せず、&物的証拠

小沢一郎はけっして好きなタイプの人ではない。
しかし、その裁判には少々疑問を感じるところがある。
それは、‘十分疑わしいから‘ということで裁判を繰り返されて
いるが、まずは、‘疑わしきは罰せず‘という法の精神との関係
において疑問が残る。
もうひとつは、物的証拠が無い。状況証拠だけである。
裁判の対象となる案件に関して、物的証拠の有る無しは判断
の基本中の基本ではないのだろうか?

十分疑わしいから罰するべきだ、といい、物的証拠の有無はともかく
状況証拠は十分有る、といってしまっては司法の基本が狂って
しまう心配はないのだろうか?

2012年6月25日

2012年6月15日

2012年6月15日は記憶しておいたほうが良い日だろう。
何年か後に日本史の教科書化、社会の教科書に載るかもしれない。
ひょっとしたら海外の歴史の本、科学の本に載る日かもしれない。

ほんの10日前のことだから今の時点では記憶に新しい。
この日なぜ記憶しておくべきではないか、と考えるのは三つのことが
同時に起こったからである。

続きを読む "2012年6月15日" »

2012年7月 2日

日本のエネルギージレンマ

アメリカの雑誌、フォーリンアフェアーズの4月号のひとつの
記事のタイトルである。

フォーリンアフェアーズと言うのは外交と国債問題専門の
月刊誌で、アメリカから出版されているから当然それが
代表しているのはアメリカの外交政策とアメリカが関心を
持っている国債問題である。
このところの特徴は政治問題というよりも社会問題を
外交課題、国債問題として取り上げていることである。
特別な分野の月刊誌でありながら全世界で15万5000人の
読者がいる。

今回見つけた記事は日本の再生可能エネルギーへのシフトを
阻む文化的要因についてかかれたものである。
全文は紹介できないのでその中のいくつかの興味ある記述を
紹介する。

著者はチャールス ファーガソン、全米科学者連盟会長

続きを読む "日本のエネルギージレンマ" »

2012年9月12日

デフレとインフレ

消費税騒動のあと政局騒ぎですっかり影を潜めたデフレだが、

少なくとも街で売っている弁当野値段を見る限り、着実に値下がり
している。
一方で円はじわじわあがり始めている。
ところで、デフレとはものの価値のわりには値段ことが一つの状況
であり、インフレはものの価値の割には値段が高いことがその状況とも
いえるだろう。
別の見方をしたらものに比べてお金が足りないのがデフレ、ものに比べて
お金が余っているのがインフレともいえる。
もし、そうであるとすれば、お金が足りないのだから、どんどんお金、つまり
紙幣を印刷して発行してものの価値とお金の量のバランスがとれるようにすれば
デフレは改善される、、、と考え得るのはあまりにも単純な発想だろうか?
しかし、世の中、根本的なことはきわめて単純なのではないかとおもうのだが、、、
まずはどんどんお金を印刷して発行してみてはどうだろう?
アホといわれるのを承知の上の提案である。

2012年10月 1日

リトルイタリー

昨今の南シナ海、あるいは尖閣列島に絡んだ中国の動きを

みていてNYのマンハッタンにあるリトルイタリーのことを
思い出した。

続きを読む "リトルイタリー" »

2012年10月24日

ユーモア、笑い、お笑い、そしていじめ

いじめについては大津の事件よりもずっと前、体育館のマットを巻いたところに

放り込まれた事件あたりから、つねに頭のどこかに引っかかっている。
しかし、なかなか、ブログなどに書くだけの明確な意識のまとまりができて
いなかった。
最近、歌詞に興味が有り、阿久悠氏が平成19年に亡くなった直後に出版
された「清らかな厭世、言葉を失くした日本人へ」という本を読んでいたところ
ひょっとしてこれはいじめの原因となんらか関係があるのではないか、とおもう
一文を見つけた。
それを以下で全文、引用させていただく。

続きを読む "ユーモア、笑い、お笑い、そしていじめ" »

2013年1月20日

とうとう出てきた、「造反有理」

中国の一部で毛沢東をかつぐ運動がちらちら出てきていることが

気になっていた。それに加えて先日の「南方周方」の記事の事件である。
共産党一党独裁の体制のなかで言論の自由など政府としては当然
受け入れがたいことであることぐらい自明であるのに、なぜこんな騒動
がおきるのか?
南方周方は何を拠り所にして書いているのか、疑問に感じていた。
そんなとき最近のテレビで親毛沢東主義の活動と反毛沢東主義の活動
についての番組があったが、その終わりのほうで久しぶりに「造反有理」
という言葉で登場した。
それをみたとたん、そうか、これがバックボーンになりかけている運動が
起きているのかと気がついた。文化大革命、毛沢東語録、紅衛兵の時代
が思い浮かんだのである。
さてこの「造反有理」はどう展開されるのか、あるいは封印されるのか、
これからの中国を見るときのひとつの視点だろう。

2013年3月 1日

善管注意義務ならぬ善親注意義務

善良な管理者の注意義務、略して「善管注意義務」

そしきにおいてなにか問題、事件などが発生したときに、直接の
担当者ではなく、組織的にはその上に位置する管理者に対して
問われる責任である。趣旨は発生した問題にたいして、善良な
管理者として果たすべき注意義務をはたしたかどうか、を問われる。
例えばどこか現場で事故が起きたとき、その通報を受けた管理者は
その通報に対して管理者として適切な行動をとったかどうかが
問われる。
通報を受けたにもかかわらず、なにもアクションをおこさなかったら
善管注意義務違反、となる。
さて、組織においては直接の事故の当事者でなくてもこのような
責任をとわれるのだが、子供の親にたいしてはどうだろう?
善良な親としての注意義務というべき注意義務が管理者同様、あるいは
管理者以上にあるのではなかろうか?
学校で授業をサボった生徒がいた。
先生がバツとして「ごめんなさい」を黒板にいっぱいになるまで書かせた。
生徒は仲間から笑われた。
親はそれを聞いて、連絡簿に「最低の教師!」と書いた。
これって、 善良な親ならサボった自分の子供を叱り、先生には「ご迷惑を
おかけしました」、 というのが普通ではないだろうか?
これに似たケースはたくさんあるだろう。
親が小学校にあがる年齢にも満たない子供を、混雑が予想される夜の
イベントに連れて行く。
そこで、 混雑ゆえに事故に遭う。
イベントの主催者を訴える
もちろん、イベントの主催者側にも問題があるだろう。しかし、同時に親にも
善良な親としての注意義務が足らなかった、という問題があるのではなかろう
か?
我が家の子供が通っていたある国の小学校では、生徒が授業の妨げに
なるような行動を起こすと、親が学校に呼ばれる。そして、学校で親の
家庭内の教育、躾が悪い、今後そのようなことのないようにして欲しい、と
校長先生から指示をうける。
もっともだとおもう。
いまはやりのモンスターペアレントの対策には「善良な親の注意義務」という
概念を作り義務違反かどうか議論できる場をつくることと。学校においては
担任の教師だけを矢面にたてるのではなく、父兄に対する大事な注意は
校長、教頭の役割とするような仕組みをつくるべきではなかろうか?
何事もはっきりさせることなく、現場の良識と善意に頼っているだけでは
抜本的な解決は期待できない。

2013年3月26日

最近舗道でこわいもの二つ

このところ舗道を歩いていて何度か怖い思いをしたことがある。

ひとつ
高齢者女性がハンドルさだまらず、目が据わってフラフラ走ってくる
自転車
ハイスピードで走っている若者の自転車よりも怖い
相手が避けてくれるとはおもえないので舗道なのに歩行者が避ける
ふたつめ
スマホを睨みつけながら前もみずにバギーを押しているヤンママ
「そこのけ、そこのけ,バギーが通る」という感じである。後ろから来るときが
怖い。追突される。
ある日、前から高齢者女性の自転車がふらついてやってきた。
こちらは、ヤンママのバギーを追い越してやり過ごしたばかりである。
ぶつかられると嫌なので左に飛んで避けた。
後ろにはバギーである。
まさに自転車とバギーがぶつかる寸前、自転車が右側に倒れたが、がっしりした
中年の男性がいたのでかろうじて抱きとめられた。
そのときの自転車の女性のおびえたような目とバギーのヤンママの睨みつける
恐ろしい目が印象的。

テレビドラマでの面白い話

先日、アメリカのテレビドラマをCSで見ていたら,にやり、とする

ところがあったので紹介する
ある女性がその女友達と久しぶりに高校の同窓会のパーティーに参加した
ときのことである。
パーティーの会場で向こうから大柄な派手なつくりの女性が手を振って
やってくる。しかし、だれか思い出せない。
相手はとても親しかったがごとく名前を呼ぶ。
仕方が無いので「あんた、だれ?」と聞いたら『デビーよ」
デビーなんて友達はいなかったし、耳にしたことも無い。変な顔を
していたらちょっと太めの声で「デイビッドだよ」という。
驚いて叫んだら「今は,デビーなの」と言われて、高校時代のボーイ
フレンドだったことに気付く。ニューハーフになっていたのである。
その後は女友達と二人でバーのカウンターでやけになって酒をみながら、、
「でも、デビーはレズ専らしいから、わたしにもまだチャンスはあるわ」
という発言が印象的だった。