2012年6月26日

ちょっと驚き、シャーロックホームズ

最近、シャーロックホームズを読み始めた。
緋色の研究から始まって、今は二冊目の四つの書名を読み終えた
ところである。
この四つの書名を読み始めてまず驚いたことがある。
こんな書き出しで始まる。

シャーロックホームズはマントルピースの隅から例の瓶をとりおろし
モロッコ皮のきゃしゃなケースから皮下注射器を取り出した。
そして、神経質な白くてながい指先で細い注射針をととのえて、左手の
ワイシャツの袖を捲り上げ、一面に無数注射張りのあとのあるたくましい
前腕から手首のあたりをじっと見ていたが、、、

やがて鋭い針をぐっと打ち込み小さなピストンを押し下げて、ほうっと
満足そうにため息をもらしながら、ビロード張りの肘掛け椅子にふかく
よりかかった。
この数ヶ月というもの、私は日に三度づつこの注射を見てきたがいくら
見慣れてもきもちのよいものではない。

(中略)

きょうはどっちだい?モルヒネかい、それともコカインかい?

コカインさ。(引用終わり)

そして、さらにはkの四つの書名の最後の二行にあるシャーロックホームズの
言葉は次の通りであう。

僕か、僕にはコカインがあるさ。
と言ってその瓶を取るべく、シャーロックホームズはほっそりした白い手を
伸ばした。
(終わり)

これはどう読んでも、シャーロックホームズは麻薬中毒者ではないのだろうか?
物語は英国のビクトリア女王の時代である。
シャーロックホームズは一説にはオックスフォード大学出身のインテリである。
この時代の英国のインテリのあいだでは、推理小説に普通に登場するように、
モルヒネとかコカインは受け入れられていたのであろうか?

これまでのシャーロックホームズのイメージに麻薬常習者は無かっただけに、
ちょっとした驚きだった。

※トラックバック、およびコメントは、サイト管理者が承認するまで表示されません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/442151/29282681

ちょっと驚き、シャーロックホームズを参照しているブログ:

コメント

こんばんは、

そうです、此の時代の英国ではコカインも阿片から作られるモルヒネも禁止されていませんでした。
以前書いた通りフロイトも走りの頃のコカイン愛用者です。
ウィキペディアから→
コカインの性質が十分に理解されていなかった頃には、依存性がないと考えられたために、他の薬物依存症の患者に対し、コカインを処方することで治療できると考える者もいた。著名な心理学者であるフロイトもこのような考えから、自身および他者に対してコカインを処方し、他者に重大な依存症を引き起こした。

アーサー・コナン・ドイルの作品中に登場する、シャーロック・ホームズも作中でコカインを使用しており、友人のワトソン医師の働きかけによって使用を止めている。

コカ・コーラにも20世紀初頭までコカインの成分が含まれており、薬局などで売られていた頃はdope(ドープ)という麻薬の俗称で呼ばれていた(そもそもコカ・コーラの発明者であったジョン・ペンバートン自身が患っていたモルヒネ中毒の治療薬として開発したものであった)。

エナジードリンクとして販売されているレッドブルの姉妹品レッドブル・コーラから微量のコカインが検出され、ドイツでは販売が禁止された

コカの実は南米で伝統的に使用されていましたが、天然の物は精製度が低いためマイルドでした、それが合成された物がクラック・コカイン系です。

モルヒネは南北戦争や普仏戦争等で痛み止めとして広く用いられ大量の中毒者が発生しました。その後同系列でヘロインが合成されます。
現在でも医療管理下では鎮痛剤として用いられます。

医療大麻解禁の話もありますが、大麻の方が比較的効果がマイルドで安全であり(もちろん精神依存性は在ると思います)各国では解禁されている場合が増えています。アルコールとタバコもかなり危険な薬物です。

さらにいわゆる覚せい剤は日本では1941年に武田薬品工業からアンフェタミン製剤をゼドリン、大日本製薬(現在の大日本住友製薬)からメタンフェタミン製剤をヒロポンとして市販されたが、効果も売上げもヒロポンの方が上だった。軍は生産性を上げるべく、軍需工場の作業員に錠剤を配布して10時間以上の労働を強制したり、夜間の監視任務を負った戦闘員や夜間戦闘機の搭乗員に視力向上用に配布した。これが、いわゆる「吶喊錠」・「突撃錠」・「猫目錠」である。夜間戦闘機月光搭乗員として6機ものB-29を撃墜したエース、黒鳥四朗海軍少尉・倉本十三飛行兵曹長のペアが、戦後その副作用に苦しめられたのが有名な例である。
ドイツでも高純度の物が大戦中に開発され配布されていました。
アンフェタミン系もいわゆる覚せい剤の一種ですがやはり軍隊のみにおいてはパイロットに対して疲労抑制剤として、また警戒態勢や注意力の持続が要求される任務につく際に与えられることが多い。
近代戦争と麻薬の関係は非常に深いのです。

戦後合成されたLSD系も軍事的研究もされている半合成。
メスカリン系はアメリカ原住民族の間で使用されていた植物からの合成です。自白等の目的で研究されている様です。

最近人の顔を食らう「マイアミ・ゾンビ」としてアメリカを震撼させた薬物はまだ禁止されておらず、一般店でバスソルトとして売られている様ですが、調べた所その成分は日本では禁止されている様です。
これも脱法ドラッグとして他の薬物依存を脱する辛さを和らげると考える人が存在した様です。
しかし事件はまだバスソルトが原因か特定されていません、LSD系という話も在る様です。

押尾学事件のメチレンジオキシメタンフェタミン系も覚せい剤の分子構造は似ていますが、薬として処方される物と違法で出回るものとが存在し、違法の物は不純物が多く含まれれいる可能性があります。

あと脱法ドラッグとしてかなり昔から「魔王」と呼ばれていたダチュラや朝鮮朝顔系があります、村上龍の小説でも象徴的に出てきます。
江戸時代には曼陀羅華と呼ばれ花岡青洲が世界で始めて全身麻酔による乳がん手術を成功させており麻酔薬として使用されていました。開発過程で実験が必要になり実母が死亡、妻が失明しています。
意識混濁、言語障害、見当識障害、譫妄状態、昏睡、記憶喪失、嘔吐等がおこりますが、LSDやメスカリン系のマイルドな譫妄ではなく現実と区別が全くつかない状態になり会話も出来なくなる状態になる様で、しかも其の時の記憶が無くなる様です。激しい嘔吐にもみまわれる様です。

いずれの場合も薬にもなり麻薬にもなるのです。
塩や砂糖も度を超せば死に至るというのは同じです。

アメリカでは睡眠薬とアルコール併用も危険な様です。
最近も有名歌手が事故死していますしモンローもそうだと思います。

例え医療目的でも薬を服用する事には注意が必要です。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。