2011年11月25日

大学が教えること、学生が学ぶこと、企業が求めること

大学、学生、企業について前回の続きである。
この三つはあたかも相互関係があるがごとく、就職、あるいは就職率で
つなげて論じられることが目立つ。
たしかに大学を出るとかなりの人が企業に就職する。
だからといって大学は学生が卒業して就職する前工程であるわけではない。
なぜなら、大学には卒業したら企業に就職すること、などという条件は入学時に
学生に課しているわけではないからだ。仕事に就く、あるいは働くということ
であれば義務教育を終えたら人はいつでも働ける状態にある。にもかかわらず
高等学校に進学し、さらに大学に進学した後仕事に就く。そのように考えると
実は大学に進むのは必ずしも仕事に就く前工程として進学するのではないと
言える。
したがって大学で教えることは学生が就職するということと必ずしも結びつかねば
ならないということはなさそうである。大学卒業生の就職率が低いことと大学教育
とを結びつけて議論することは必ずしも必要でなく、就職率はあくまで求人と求職
の需給関係で決まって来るのであって大学の教育とはある意味で無関係である
ことをはっきり認識しておくべきだろう。そうでないと大学で教えることがあいまいに
なる。
企業は確かにコミュニケーションがきちんとできてチームワークもよくリーダーシップ
のある人材を求めているだろう。だからといってそれが大学の教育と一致しなけれ
ばなら無い理由はどこにも無い。むしろ、これらの三つの要素が働くということで
求められる基本素養であるならば中学を卒業するまでの義務教育の間に生徒
にもたせるような教育をすべきだろう。
本来中学で学んで身に付けておくことが出来ていないからといって、大学で学ぶ
4年間の時間を割いてその不足分を教育するのは大学として教えるべきことを
犠牲にしていることになる。
大学は就職率などに惑わされること無く大学として何をどのようにして学生に
学ばせるかについてさらに厳しく取り組むべきであろう。

自分は非常勤ではあるが大学で教える機会を得ている。担当している講座の
講義の準備をしているとき、あるいは講義しているその瞬間にも自分は何を
教えているのか、という疑問にぶつかることがある。教える機会を得てもう
何年かになるが最近は講座のテーマを通じて考えるということ、考え方を
教えたくて教えているのだ、と気がつき始めている。

※トラックバック、およびコメントは、サイト管理者が承認するまで表示されません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/442151/27499723

大学が教えること、学生が学ぶこと、企業が求めることを参照しているブログ:

コメント

大阪府選挙にからむ話ですが、内田樹先生の教育に関する熱いお言葉です。
私にかなり近いお考え。
かなりお怒りのご様子なのが文章ににじみ出ています。
長文ですが是非お読み下さい。
は?グローバル?と感じる電通のキャッチコピーの様な教育基本法といい「お手軽」過ぎる!
一時はインターナショナルで今はグローバル(笑)
私は死後化したコスモポリタンが一番しっくりきます。
外国行っても何も学ばない人は山程見て来ました。
それだけ難しいという事なのでしょう

http://blog.tatsuru.com/2011/11/24_2042.php

これもたまげる記事ですw
人事院の若手官僚向け推薦図書
古典がずらりという見出しですが
うーん、これって読まずに官僚になれるんだ〜というレヴェル…
城山三郎の「官僚たちの夏」とか(笑)ラノヴェか?あんなのバカが読む
■哲学
 新渡戸稲造「武士道」、プラトン「国家」←これは!!!!無批判に読むべき書物ではないし、問題が多い、官僚に成る前に読むべき!!!!
■歴史・伝記
 内村鑑三「代表的日本人」、オルテガ・イ・ガセット「大衆の反逆」、塩野七生「ローマ人の物語」←オルティガ!!!!嘘!!!!????むしろフロムを入れるべき!!!!
■経済
マックス・ウェーバー「官僚制」、マキャベリ「君主論」、マイケル・サンデル「これからの『正義』の話をしよう」←これも官僚に成る前に読むものだよね…しかもなんとなくズレを感じる
■社会・教育
 福沢諭吉「学問のすすめ」、ロバート・K・マートン「社会理論と社会構造」、山本七平「『空気』の研究」
←ここは王道系日本人だけど、官僚に成る前レヴェルという気が…そしてマートンですか????
■自然科学
 今西錦司「生物の世界」、チャールズ・ダーウィン「種の起源」←今西先生は確かに凄い、「猿学」!

左上の元官僚を含む3人の私ならこの3冊の方が断然良い(笑)
1110735.html


此の記事も凄いです。2000年蓮実重彦と内山昌之の共著対談で「最近の学生は日本は本当にアメリカに負けたんですか?と真顔で聞いてくる」と二人共驚いていました。
http://www.j-cast.com/2011/11/21113842.html?p=1

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。