2010年3月 2日

Swatchのお宝紹介

銀座にSwatch の大きなお店ができた。
ニコラ ハイエク スタジオという時計スタジオ。
そこでこの機会にわたしのお宝Swatchを紹介しよう。Ikkovivian_004

Ikkovivian_007

銀座の中央通りの7丁目あたり、新装になったヤマハのビルのすぐちかくに
ニコラ ハイエク スタジオができた。
全館、スイスの時計の展示スタジオである。
ニコラ ハイエクはSwatch社のオーナー社長。いまスイスの主だった
時計メーカーはこのニコラハイエクのもとに集結している。
そのニコラ ハイエクの傘下にある時計メーカーの製品を一堂に集めて
展示しているのがこのスタジオである。
もちろん、とてつもなく高い時計も並んでいるがエレベーターで地下に降りれば
地下の全フロアはありとあらゆるSwatchが展示されている。
ひとつだけ、残念なのは現行のSwatchはすべてアナログであることである。
わたしはいろんなSwatch を持っているがそのなかで特別よく使っているのは
10年ほど前に発売されたBeatというデジタル時計であるがいまはもう無い。
3年ほどまえ原宿の店でまだストックがあると聞いて3個買い足しているので
当分はたのしめるが、、、

今日、そんななかでお披露目したいのは10年以上前、1999年にスイスの
Swatch社を訪問しニコラ ハイエクに会ったとき直接もらったビビアンウエストウッド
のデザインによるSwatchである。
写真の一枚はその時計の入っているケース。
まさにビビアンのロゴそのものである。もう一枚はそのケースに入っている時計。
もちろん普通にはとても使えないがパーティーでは話題になること間違いなしの
誰が見てもビビアンのデザインとわかるSwatchである。

こんな時計をつくってしまうSwatch のあそび心が好きである。

そういえば、Swatch社を訪問したとき、創立者の先代にもお会いしたが
そのとき先代は両手に、それも二つづつ腕時計をはめているのを見て、さすが
時計メーカーのオーナーとおもい笑えてしまったのを思い出す。b

※トラックバック、およびコメントは、サイト管理者が承認するまで表示されません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/442151/23476003

Swatchのお宝紹介を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。